気になる?
最近の記事

2013年12月27日

Apple iMAC M5521 FlowerPowerの内蔵電池交換と内部清掃。


懐古品的存在のうちのiMac。
今はあまり使用していないのですが、たまに起動すると時計が狂ってる警告がでていて
どうやら内蔵電池が切れているのが原因らしいので、思い切って交換することに。

ちなみに機種はApple iMAC M5521 FlowerPowerです。
まずはAmazonでiMacに合う内蔵電池を検索。
とりあえず、安価なこちらを選びました。
1/2AA●電圧3.6Vリチウム乾電池【Macバックアップ用】●Mac用 3.6V内蔵リチウム電池 CBT36V同等品


レビューでは賛否両論、当たり外れがあるようですが・・・さてさて。
関東エリアへの送料無料となってますが、北海道までは送料210円プラスされました。

同じ機種の分解について、画像入りで説明しているサイトを見つけたので
手順をおって分解に成功しました。



20131227-144625.jpg

内蔵電池交換だけなら、底部のカバーを外すだけなのですが
その底部のカバーの裏側が結構汚れていたので、思い切って
さらに分解し、画面カバーと背面カバーの裏側も綺麗に掃除しました。

おもわぬ年末大掃除となりましたが、このiMacはFlowerPowerという花柄で
うっすらと透明になっているので、裏の汚れを落とすことでとても綺麗になりました。

CD-Rドライブ搭載機なので、ついでに液晶がイカれたPowerBookのコンボドライブを
移設できないか試行錯誤しましたが、形が相違していたのでここは無理をせず
もとのCD-Rドライブのままで再び組み立てることに。

組み上げ後、電源を入れ時計を合して今回の大掃除は完了です。

ディスプレイも液晶ではなく、今はもう古い機種ですが、
このiMacは間違いなく今のアップルを創った機種、さらにFowerPowerは
パソコンの筐体に柄を施すというセンセーショナルな機種だと思うので
これからも大事に使っていきたいと思います。
posted by bokuh at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383719003

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。