気になる?
最近の記事

2012年06月29日

今のところ最高のスタイラスペン。


以前、iPadで使用するスタイラスを紹介したときに、「スタイラス」と「ペン」の二本を持ちから
脱却するために選んだSMART CAP S size
たしかに便利で楽にはなったのですが、やはり推奨のボールペン以外とのマッチングにクエスチョン。
もちろん商品自体は素晴らしいモノなので推奨のボールペンを使用することでスラスラ軽いタッチで書ける、描けると思うのですが、筆圧、微妙なタッチが要求されるスタイラスにとって、
この微妙にフィットしない感じは・・・。ということで、利便性<反応の良さ、書き味を考慮して新しいスタイラスを求めました。

iPhone/iPadのアプリ紹介サイトや、関連グッズ報告サイトなどで賞賛の声が多かったのが
このiPad/iPhone用スタイラスペン(タッチペン) Su-Pen P150M-AS。
商品説明によると特殊な導電性繊維と4重構造を持つ画期的なペン先と燕三条の磨き職人が仕上げたこだわりのステンレス製オリジナルペン軸が特徴。
しかも、ペン先は市販のペンシルホルダーに装着しての利用も可能。(使えないものもあります。)との表記が!もちろん商品としてのSu-Pen P150M-ASは完成されているのでこのまま使用しても(というか普通はこのまま使いますよねw)良いのだが、なにかと差別化を図りたい当人なので、あえてこちらのiPad/iPhone用スタイラスペン(タッチペン) Su-Pen交換用ペン先2本セット R150M-2 (定価2,200円)と組み合わせ可能なペンシルホルダーを探すことに。

もともとドイツのステッドラー社製の製図用のシャープペンシルなどを使っていて好きなメーカーでもあったのでステッドラー ペンシルホルダー 900 25を組み合わせることに決定。
さっそくAmazonで注文しました。

商品到着後、さっそくステッドラーのペンシルホルダー 900 25にSu-Pen交換用ペン先を合体!
シルバーの艶消しボディに「STAEDTLER」のおなじみのロゴ。見た目のかっこよさ、重厚感がありながらも
軽すぎず、重すぎずという調度良い手持ち感。恐る恐るiPadの画面の上にペン先を置いてみる。
電導ゴム製やブラシ製のペン先とも違う、ネット?のようなペン先がなんともなめらかにiPadの画面上に
意図した文字や線を描く。あぁ、なんと素晴らしい!

見た目太めのペン先ですが、ペン先のあて方を工夫すればちゃんと細めの線を引けますし
文字も楽に書けます。反応もイライラするようなこともありませんでした。
筆圧や書き方スタイルの違いによって個人差はあると思いますが、ちょっと他の人とは差別化したいな、と
考える方にはおすすめの組み合わせだと思います。

ちなみにスタイラスペンをどうしても忘れてしまう、常に一緒に持っていたいという方の参考になるかどうかですが、自分の場合こんな感じで使ってます。
写真.JPGうーんヘタですねw見づらいですが、
以前に購入したミニスタイラスペンELECOM スマートフォン用タッチペン 伸縮タイプ iPad iPhone iPod touch Xperia GALAXY S MEDIAS対応 シルバー P-TPEXSVにはiPhoneやiPadのイヤホンジャックに差し込むことができるストラップがついています。そのストラップ部分のみをステッドラー ペンシルホルダー 900 25と組み合わせることで画像のようにいつでもiPadと一緒にしておけます。
紐であるていど余裕があるのでスタイラスペンを使わない状態のときでも意外と邪魔にならないように移動できるのがポイントですね。
もちろんスマートカバーをスタンドにして立てる時にも装着したままで可能です。
こうすることで手持ちのペンは1本ということもできますので間接的に
フリクションボールペンとスタイラスペンの組み合わせが可能になりました。

おすすめです!。



posted by bokuh at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。